交通事故慰謝料問題は弁護士にお任せ

交通事故が起こったとき、弁護士に依頼するのが良いといわれています。交通事故を体験した人は記憶にあると思われますが、保険会社が大体の話をしてくれますから、特に弁護士の出番があったという人は少ないのではないかと思われます。ですが、現実的に弁護士に依頼をした方がメリットがあるのです。

弁護士基準これは、俗に言う弁護士基準というものが採用されるからです。簡単に言うと、弁護士基準というのは交通事故において、裁判所の判例を参考にして東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しているものです。多くの裁判所において、慰謝料の算出において適用されているものなのでです。

この基準についてですが、自賠責保険、そして任意保険といったものに対して適用される基準よりもさらに上の金額が設定されることが多いです。弁護士基準での設定の場合、依頼するだけで慰謝料が100万円以上増えるというケースだってありますから、それだけでもかなり大きなメリットになると言っても過言ではありません。

この弁護士基準というものについて、知っておくことは大事です。というのは、自分が交通事故にあったときに受け取ることが出来る慰謝料の金額にダイレクトに影響してくるからです。もしも弁護士に依頼していなかったら、それだけで損をしているという可能性も十分にあるわけです。

では、この弁護士基準というものについてしっかりと知識をつけていきましょう。自分に何かあったときのための対策になるはずです。

*関連記事*
自分で交渉するのは無理
弁護士に依頼することのメリット
弁護士基準ってなに?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket