弁護士に依頼することのメリット

弁護士基準の場合、なぜ金額が高いのかというのは気になることだと思います。それについて知っておくのも悪くないことではないでしょうか。

まず大きな理由としては、弁護士基準は過去の交通事故の判例を重視しているところにあります。実績があった例にしても、裁判でも重視されるほどの信頼性を誇っており、裁判になったときの賠償額にも近い数字と思われているためです。要するに、金額に正確性があるということなのです。

後遺障害慰謝料そして、弁護士基準と他の基準を見たときには、その金額に大きな差があります。後遺障害慰謝料というものがあるのですが、仮に一番下の14等級で見た場合、自賠責基準の場合は32万円であることに対して、弁護士基準になると110万円とかなりの額になっているのです。

自賠責保険は最低限の保証が目的であり、任意保険会社は慰謝料を出来るだけ払いたくないということがあっての結果です。これら2つの保険に関しては、ある意味では仕方のないことかもしれません。弁護士がこれらに対して高額になるのは、被害者への補償をしっかりとするためには、明らかにこのくらいのお金が必要になるという正当な主張があってこその金額なのです。そういう意味でも弁護士への依頼はとても大事なことなのです。

*関連記事*
自分で交渉するのは無理
弁護士基準ってなに?
交通事故慰謝料問題は弁護士にお任せ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket