弁護士基準ってなに?

弁護士基準がまず何であるのかということです。これは、交通事故において、過去の裁判所の判例を参考にして東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しているものです。これは交通事故が起こったとき、弁護士が保険会社や加害者と争うためのひとつの基準となっています

弁護士弁護士に依頼をすることによって、慰謝料が100万円以上増加するというケースもあるほどのもので、とても大きな基準のひとつとなっているのです。保険会社が提示した金額が100万円未満だったのに対して、弁護士が交渉することにより1000万円にも達したという例があるくらいです。実際の中身は後遺障害等級が最低の14級から7級にアップしたというものですが、これはものすごく大きなメリットであると見ることが出来ます。

保険会社に完全に投げていたという人もいるかもしれませんが、それでは圧倒的に損をしてしまう可能性があるわけです。そもそも、保険会社は他の人から共同で集めていたお金から慰謝料を払うわけですから、金額を安くしたくなるというのは当然なのです。だからこそ、金額を低く設定しようとあれこれ理由をつけてくるわけですが、それに対して戦うためには弁護士の力が絶対に必要ということを理解することは大事です。

*関連記事*
自分で交渉するのは無理
弁護士に依頼することのメリット
交通事故慰謝料問題は弁護士にお任せ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket