自分で交渉するのは無理

弁護士基準というものを知っているから、自分でその基準での交渉をしたいと思う人もいるかもしれません。ですが、被害者の担当をする人は、保険会社の担当者であり、言ってみれば百戦錬磨の相手ともいえるところがあります。その人に対して、素人の人が弁護士基準を持ち出して話をするということはやはり難しいということは知っておきましょう。

弁護士厳密に言うと、話を持ち出すこと自体は可能かもしれません。ですが、単純に金額の話だけしたとしても、素人相手だから相手にされないというところもあります。何よりも、判例のひとつも出せない、交通事故に対してその金額であるという根拠を証明できなければ何も話が成り立たないのです。

ですから、交通事故でこまったときには、治療の時間、後遺症の問題もありますし、知識をしっかりと持った弁護士に最初から依頼することによって、その事故に対して最も適切な結果を得ることが出来る可能性もあるのです。事故に対しては弁護士に依頼をするのが一番ということです。

ちなみに、交通事故に対して得意とする弁護士に依頼することによって、アドバイスをもらうことも出来ますから、そこもしっかりと意識してみると良い結果につながるでしょう。

*関連記事*
弁護士に依頼することのメリット
弁護士基準ってなに?
交通事故慰謝料問題は弁護士にお任せ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket